ちょっと贅沢にプーケット島はいかがですか?

9月 19th, 2014

夏休みや冬休みなど、まとまった休みが取れる時は海外のリゾート地でのんびりというのもよいですよね。しかし円安が進むと、海外旅行は割高感が強くなり、なかなかハワイやグアム、サイパンといったリゾート地へ足を向ける気が起こらなくなってしまいます。

それでも、「せっかくだから海外でのんびりしたい」とお考えの方に朗報です。タイにある世界的に有名なリゾート地、「プーケット島」ならば、リーズナブルな価格でツアーに参加することができてしまうのです。

まずは、こちらの>>参考ウェブサイトをご覧ください。「プーケット島風案内人」では、スノーケルツアーやダイビングツアー、シーカヌーツアーなどの多彩なツアーを用意しています。またおトクなパッケージツアーも揃っているので、プーケット島を最大限に楽しむことができますよ。

そして、更にうれしいことがあります。「南の島だから言葉が通じなくて大変なのでは…?」とお思いの方も少なくないでしょう。「プーケット島風案内人」では、滞在中にはプーケット在住の日本人スタッフが日本語ダイヤルにてサポートをしてくれます。安心ですね。

あなたも、今度のお休みにはリーズナブルに行けるプーケット島で、リゾートライフを送ってみてはいかがでしょうか?

家庭教師のメリットは幅広い?

9月 15th, 2014

近年、不登校が大きな社会問題になっています。

これほど大きな社会問題になる以前には、「学校恐怖症」「登校拒否」と呼ばれていましたが、その言葉の持つ意味では、解釈しきれない状態の子供たちが増え、現在の「不登校」という言葉が使われるようになった経緯があります。

この現象については、教育研究者によって、さまざまな角度から研究されていますが、それぞれの子供たちが持っている個別的背景によって、アセスメントや解決方法が異なるため、これといった答えは出ていないようです。

子供が不登校になると大人たちは、「何故?(Why?)」から考えはじめますが、起こっている現象に対して「何故?」を問うても、ほとんどのケースでは、あまり、意味がないようです。

子供が不登校になった場合に注意すべきことは、概ね下記のことだと言われています。

*引きこもりにならないようにすること
*昼夜逆転しないようにすること
*学力を落とさないようにすること

ここで、難しいのが、学力を落とさないようにすることです。
親が教えるにも限界があります。
不登校という状態を考えると、塾に通うことも難しいでしょう。

こういう時に役に立ちそうなのが、家庭教師です。
家庭教師でも大学生や院生など、子供と年齢が近い方が好ましいかもしれません。

ご近所で親しくしている、お兄ちゃん的、あるいは、お姉ちゃん的な学生と個人契約で家庭教師をお願いする方法もあります。
家庭教師といっても、勉強ばかりではなくコミニケーションやスキルを教えて貰うといいようです。